chouette torréfacteur laboratoire

Blog

2017

10/04

十五夜の夜はお団子を食べながら

2017中秋の名月

 

 
こんにちは。

本日は中秋の名月です。十五夜です。

全国的に名月を楽しめるそうですね。私もお団子を食べながら楽しみたいと思います。

 

今日に月見をしたら、ちゃんと「後の月」も見ないと縁起が悪いです。

みなさんも「片月見」にならないように気をつけて下さい。

 

 

十五夜なのに満月じゃない?

 

 
中秋の名月を十五夜と呼ぶのは、陰暦と関係があります。中秋の名月は陰暦(旧暦)の8月15日です。
旧暦では、月の満ち欠けを基に暦をつくりました。旧暦の1カ月は、月が地球の周りを1周する日数と同じです。つまり、新月(新月を1と数えます)が次第にふくらみ満月となり、やがて欠けてまた新月となっていく──。そのサイクルが約29.5日であることから、旧暦の1カ月は29日か30日と決められていました。

そして、その半分である15日の夜の月は、満月=十五夜と、呼ばれるようになったのです。
ただし前述したように、月のサイクルは30日ぴったりで地球を一周するわけでないことや、月の軌道が楕円であることなどにより、実際の満月は1日か2日ずれることが多いのです。

今年の場合、実際の満月は10月6日。中秋の名月は満月一歩手前の月と言う事になります。

 

 

片月見は縁起が悪い

 

 
現代では月見と言えば十五夜の事を指しますが、他にも十三夜,十日夜というのもあるんです。

 

十三夜は旧暦の9月13日を差します。2割程欠けた月が見られます。

十五夜に次いで美しい月が見られるという事から「後の月(のちのつき)」と呼ばれます。

今年の「後の月」は11月1日です。

 

そして少しマイナーなのが、十日夜です。4割程欠けた月が見られます。

十日夜と言えば,旧暦の10月10日の月です。別名「三の月(さんのつき)」とも呼ばれています。

今年の「三の月」は11月27日です。

 

月見という文化は中国から伝わったものだと言う事ですが、昔の人は十五夜と十三夜をセットでお月見と呼んでいました。

ですので、片方を見ただけだと縁起が悪いと言われています。

今年は名月が楽しめそうなので、十五夜と十三夜のセットで楽しんではいかがですか?

 

お団子を用意してお月様を肴にいっぱいやるのも良いですね。

もちろんコーヒーを飲みながらだって最高です。

秋の夜風に吹かれながら飲むホットコーヒーは、心に染みていきます。

私達のコーヒーがあなたのすぐ傍にいられると幸いです。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Chouette torréfacteur laboratoire
〒156-0051
東京都世田谷区宮坂1-39-11
TEL: 03-6413-9450
MAIL: chouette@torrefacteur-lab.tokyo
HP for Individual customer: http://torrefacteur-lab.tokyo
HP for company customer: http://torrefacteur-lab.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

Top