chouette torréfacteur laboratoire

Blog

2020

12/20

『低温焙煎』コーヒーの素材の本来の味わい。

温度変化によって味わいが変わる
様々なコーヒーフレーバー
低温焙煎

 
お家では、お店のようなコーヒーは飲めないと思っていませんか?
浅煎りのコーヒーは、酸っぱくて苦手だと思っていませんか?
雑味を取り除くことで、コーヒーが美味しくなるはずと思っていませんか?
焙煎直後のコーヒー豆の方が美味しいはずと思っていませんか?

 

多くの人々は、 – いや、ほとんどの人は – このように思っています。

 

ですが、もうそんな思いをする必要はありません。
低温焙煎されたコーヒーは、当たり前だと思っているコーヒーの常識をくつがえします。

 

 

低温焙煎されたコーヒーが
あなたの悩みを解決してくれる

 
お家でコーヒーを美味しく飲むためには、いくつか条件があります。
ちゃんと熱いお湯を使ったり、お湯の量と抽出時間を計測したり・・・

 

でも、そもそもコーヒー豆が美味しく抽出しやすい状態のものでなければ、抽出は難しいのです。
低温焙煎はコーヒー豆の中心部までしっかりと加熱ができるだけでなく、抽出時にお湯がコーヒー豆と接している時間が長くなるので、抽出しやすい状態を作ってくれます。

 

なぜ、そんなことができるのか?

 

それは、低温で焙煎することで炭酸ガスの発生を抑え、真空パッケージでお客様の元へお届けしているからです。

 

一般的なコーヒー豆のパッケージは、バルブ付きでガス抜きができる仕様になっています。これは、焙煎したコーヒー豆から発生する炭酸ガスでパッケージが破けないようようにするためです。

抽出の時にコーヒー粉が膨らむと、コーヒー豆の鮮度が良いとも言われますね。炭酸ガスで膨らむとお湯の通り道ができてしまい、コーヒー豆に触れる時間が少なくなります。そうすると薄い美味しくないコーヒーに仕上がってしまうことが多いです。炭酸ガスは二酸化炭素ですので、人間に匂いは感じません。コーヒーの香りは揮発性の香り成分に由来します。なので、直接的に美味しさとは結びつかないんです。

 

そして、真空パッケージが可能になったことで、鮮度を保ったままお客様にお届けできるようになりました。

 

 

 

低温焙煎は他分野から取り入れた

 

 

コーヒー豆から炭酸ガスが発生しないように焙煎できたら。
香り成分をコーヒー豆に閉じ込める焙煎ができたら。
もっと素材の美味しさを感じられる焙煎ができたら。

 

きっと、そんなコーヒーができたら、コーヒー好きの人たちはとても喜んでくれるだろう。

料理でもお菓子でもパンでもビールでもタバコだって、低温の処理があります。
コーヒーは紀元前から飲まれているのに、まだその域に達していない。

 

3つ星レストランで修行し、バリスタとして研鑽を積んだオーナーの高山健二が手がける特別なコーヒーは、素材の美味しさをもっと感じられるように低温で、出来るだけストレスを与えないように焙煎されます。

 

低温焙煎のコーヒーは、焙煎後のエイジング(熟成の期間)がとても大切です。
焙煎したても確かに美味しいですが、このエイジングをするとグンっとカップクオリティがアップします。

 

これは、焙煎してすぐでは決して味わうことができません。エイジングを経て、コーヒーとしてもっとも美味しい状態へ導きます。

「出来立て」「作りたて」というと聞こえは良いのですが、本当に美味しいコーヒーを飲みたければコーヒーの飲み頃を知ることが大切です。鮮度ではなく、飲み頃です。

 

 

雑味は旨味?

焙煎, セミナー, 東京

 

コーヒー豆の雑味が出ないように(取り除く)することで、美味しいコーヒーになる。もしあなたがそう思っているなら、少しだけこれからする説明を読んで下さい。

オーナーの高山は、もともと料理人です。素材から出る雑味については、昔から様々な見解がありました。最近では、雑味の成分には、素材の持つ香り成分が多く含まれていることがわかっています。

日本人の主食であるお米を炊く時に、皆さんは水でお米を研ぐと思います。
ですが、ミシュランに掲載されたおにぎり屋さんがお米を研がないなんていう記事もありました。正確には1回、水ですすぐ程度はするのですが・・・

洗うことで雑味を落としすぎると香りもなくなってしまうというのです。

 

コーヒーでも同じことが起こります。
雑味を削ぎ落としすぎることで、素材の美味しさも削ぎ落としてしまうことになります。
特にスペシャルティコーヒーは、繊細な風味を持っています。素材が持つ全てのパワーを感じて、余すことなく味わって頂きたい。そんな思いから低温焙煎のコーヒーを作っています。

 

 

お家で楽しんでもらうためのコーヒー

<コーヒー生産者のご家族>

 
ここまでで、低温焙煎のコーヒーがお家で飲むコーヒーとして適している要素が多いことを理解して頂けたと思います。

 

美味しいコーヒーを飲むのに難しいことは必要ありません。
極論を言えば、コーヒー粉にムラなくお湯を通せば美味しいコーヒーが出来上がるのです。計量や計測は確かにコーヒーの抽出では大事ですが、それはお店の話。
お家で気軽に飲みたいときには最低限のルールさえ守れば、誰でも簡単に美味しいコーヒーが淹れられる方が良いですよね。

 

 

メディア

 

 
開業から間も無く焙煎の国内大会でも上位の成績をおさめ、低温焙煎がコーヒー関係者からも評価頂きました。多くのメディアでも取り上げて頂き、たくさんのお客様からご利用頂いております。

ブルータス

BRUTUS

ライトニング

Lightning

カフェスイーツ

cafe sweets

珈琲時間

BRUTUS

散歩の達人

OZ magazine

POPEYE

COMPANY TANK

COMPANY TANK取材時 焙煎体験

コーヒー, カネオくん

有吉のお金発見 突撃!カネオくん

 

過去、その他の多くのメディアでも取り上げて頂きました。
▶︎▶︎他のメディア情報もチェック◀︎◀︎

 

 

お試しセットをご用意

 

 

初めての方はテイスティングセットがオススメです。1日限定20名様だけ通常の半額でお求め頂けます。

ただいま、ありがたいことに多くのお客様からのお問い合わせを頂戴しております。
現在のお客様との兼ね合いから、これ以上引き受けられなくなった時点で半額でのお試しは終了させて頂きます。

お早めにお申し込み下さい。

 

 

 

今までのコーヒーで十分という方にはオススメしておりません。
もっと美味しいコーヒーをお探しの方は、ぜひ試し下さい。

 

 

chouette 情報

 

chouetteのコーヒーへの想いはConceptにてご覧頂けます。

Concept

 

Top