chouette torréfacteur laboratoire

Blog

2017

10/18

コーヒー豆の保存方法

コーヒー豆は早めに使い切りましょう

 

 
秋らしく肌寒い日が続いていますね。

こう寒いと暖かい飲み物を飲んで、身体を暖めたくなります。コーヒーがおいしい季節になりました。

雑誌等でもこの季節には、決まってコーヒーの特集が組まれます。

 

コーヒーを飲む時、みなさんはお家で飲みますか?外で飲みますか?

 

これは生活環境によって違いが出るかもしれませんが、今回はお家で飲まれる方へ。

買ってきたコーヒー豆の保存はどのようにしていますか?

コーヒーの需要が高まってくるこの季節、知っている方も知らなかった方も、もう一度考えて頂きたいです。

コーヒーロースターとして、より充実したコーヒーライフを提供出来ますように参考にしてみて下さい。

 

 

コーヒー豆を買う時に注意して欲しい事

 

 
「コーヒー豆」と言ってもコーヒー屋さんに行ってみると、それなりに種類があって迷ってしまった経験はないですか?

生産地別に置かれていたり、さまざまなブレンドがあったり、焙煎による違いがあったり・・・

 

「決められない😭」

そんな時は、お店の人に好みのコーヒーを伝えて下さい。

コクのあるヤツ。さっぱりしてるヤツ。マイルドなタイプ。香りが華やかなコーヒー。フルーツ感を楽しみたい。

何でも言って下さい。

コーヒーは嗜好品です。

まずは自分の好みを知って欲しいです。その為に様々なコーヒーを試してみて下さい。

お好みが分かるとコーヒーをもっと楽しめるようになります。

 

そしてもう一つ。

コーヒー豆の焙煎日です。これはお店で直接確認して下さい。

焙煎日から早い方が良い場合や1〜2週間寝かせた方が良い場合とお店の考え方によって様々です。

お店によって風味のピークを定めていると思いますが、参考にして飲むと良いと思います。

段々と変化する風味を楽しめるでしょう。

コーヒー豆を買う際に袋に賞味期限が記載されていると思いますが、袋を開けるとどんどん劣化が加速します。

賞味期限前でも早く飲み切ってしまうのが良いでしょう。

お腹を壊す事はまずありませんが、風味が抜けてしまい本来のパフォーマンスを発揮しません。

 

飲みきれる量を少しづつ買う事が、コーヒーをおいしく飲み切る秘訣です。

 

 

コーヒー豆を劣化させる原因

 

 
そもそもコーヒー豆はなぜ劣化し、風味が損なわれてしまうのでしょうか?

主な原因は3つあります。

・水分

これは空気中の湿度も含まれます。焙煎豆は多孔質(スポンジのように小さい穴がいっぱいあいているイメージ)で、 水分含有量も1~3%と、水分を吸着しやすい状態になっています。

・酸素

空気中に含まれる酸素とコーヒー豆が触れることで、酸化という現象が進みます。 ちなみに酸っぱくなることを酸化と言うのではありません。 酸素と触れて起こる化学変化を酸化といいます。 コーヒーの場合、酸化すると結果として酸っぱくなることがあります。

・光

紫外線によって劣化が進むので、太陽光だけでなく蛍光灯の光も劣化を促進する要因となります。

この3つを要因にした科学変化がコーヒー豆を劣化させるのです。

よくみなさんが気にする温度は化学変化をより早く進ませる原因ですので、低温であるにこした事はありません。

 

以上を踏まえ、より良い保存を考えて行きましょう。

 

 

出来るだけ良い状態で保管したい

 

 
袋を開けて飲み切るまでの数日間、もしくは余ってしまったコーヒー豆はどのように保存するのが望ましいのでしょうか?

最良の選択をするならば、湿度の低い、密閉された容器に入れて、光の当たらない、涼しい(温度の低い)場所が良いわけです。

お客様からも聞かれるのが、常温,冷蔵庫,冷凍庫のうちどれが適しているのかなのですが、環境を踏まえて考えましょう。

 

温度が高い程、化学反応のスピードは増し劣化が早くなりますので、冷凍庫が良さそうですね。

冷凍庫は温度が最も低いので庫内での酸化は非常に遅いです。それに光も当たりません。

水分(湿度)はどうでしょう?冷凍庫の壁が霜で凍ってしまっているのを見た事ありませんか?

あれは空気中の水分が冷凍庫内で固まった物です。つまり、結露が原因です。

密閉性のある容器に入れても、常温に出し封を開けた途端に結露が付着します。

これでは、せっかく低温で保ったコーヒー豆が台無しです。抽出前のコーヒー豆を水で濡らしているのと変わりありません。

温度と光に対しては非常に良いアプローチをしていた冷凍保存ですが、保存には工夫が必要そうです。

 

次に温度が低い冷蔵庫は?

温度が低い事と遮光性は冷凍庫と比べても申し分なさそうです。

問題だった水分(湿度)はどうでしょう?冷蔵庫内は湿度が高くても、密閉性の高い容器なら結露も問題なさそうです。

キャニスターやジップロック,アルミバッグといった容器であれば臭い移りも気にせず使えそうです。

ただ、コーヒー屋さんで良く見かけるクラフトタイプの袋だったり通気性の良い物だと冷蔵庫にある他の食材の臭いを吸ってしまいます。

これは特に注意しましょう。

 

常温ではダメでしょうか?

chouetteでお勧めしている保存方法は常温です。と言っても冷暗所ですが。

冷蔵庫の保存は、繰り返しの出し入れを行う事で結果的に結露が付着します。ですが、焙煎から1ヶ月以内で飲み切るのであれば常温の涼しい場所で十分です。

少なくとも、2週間以内であれば冷蔵も常温も味に大差はでません。

 

毎日飲む為に繰り返し低温のコーヒーに常温の空気が触れ、また常温から低温へ温度変化する事が劣化スピードを加速させ、保存方法を混乱させるようです。

つまり、飲む頻度によって味の変化が変わってきます。

 

冷蔵保存の場合、豆は一定の状態に保存出来るように密閉出来る容器に小分けにすれば、1ヶ月くらいの長期保存が可能でしょう。

 

 

まとめ

 

 
これからの季節は外でもお家でも暖かい飲み物を飲む機会が増えますね。

コーヒーをお家で飲むのに、コーヒー豆を買ってきて飲み切るまでの期間やすぐに使い切れない場合は保存方法を参考にしてみて下さい。

理想は早めに使い切る事です。

chouetteでは、お家でもクオリティの高いコーヒーを淹れられるように、使い切れる少量の100gパックからご購入が出来ます。

 

コーヒー豆をお探しの方はこちらから!!

 

どうぞ、充実したコーヒーライフをお過ごし下さい。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Chouette torréfacteur laboratoire
〒156-0051 東京都世田谷区宮坂1-39-11
TEL: 03-6413-9450
MAIL: chouette@torrefacteur-lab.tokyo
HP for Individual customer: https://torrefacteur-lab.tokyo
HP for company customer: http://torrefacteur-lab.com
Instagram: http://instagram.com/chouettecoffee
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Top